ホームサービス地震対策基礎補修工事家の基礎にヒビ割れはありませんか?

家の基礎にヒビ割れはありませんか?

基礎のヒビ割れや劣化は家の耐力を低下させます。アサンテの基礎補修は、基礎部分の強度を維持するとともに、基礎の劣化を抑止します。

ヒビ割れは住まいの危険信号

家の土台を支える基礎の多くは、内部に鉄筋が組み込まれています。鉄筋を加えることにより飛躍的に向上するのが、基礎の強度です。しかし、鉄筋は酸に弱いという弱点があるので、アルカリ性であるコンクリートで覆い、酸化(腐食)を防いでいます。それでも、コンクリートにヒビ割れが生じ、鉄筋が外気に触れるようになってしまうと、鉄筋はやがて腐食してしまいます。こうなると、鉄筋自体の強度は低下。鉄筋は膨張し、コンクリートを内部より破壊していきます。これが更なるヒビ割れを生み、基礎の強度はどんどん落ちていってしまうわけです。わずかなヒビ割れでも放置せず、早めに補修改善を行ない、安全で快適な住環境を保ちましょう。

このような基礎のヒビ割れはありませんか?

使用商品の概要

コンクリート補修剤

1.補強エポキシ樹脂溶液
主剤であるエポキシ樹脂にアラミド繊維を混合させ、強度を補強した溶液です。接着力が強く、硬化しても収縮がほとんどないため、強力に基礎部分の強度を維持します。
エポキシ樹脂溶液

エポキシ樹脂溶液

2.アラミド繊維シート
ヒビ割れ補修用のシート状アラミド繊維です。ヒビ割れが発生している部分に使用します。
アラミド繊維シート

アラミド繊維シート

上塗り剤

「トップコート」
変色防止用上塗り剤 エポキシ樹脂は日光に当たると変色することがあります。日光の当たる南側を中心にトップコートを塗布します。

使用商品の特性

補強エポキシ樹脂溶液の特性

■ 浸透性
劣化したコンクリートに浸透し、ヒビ割れ、亀裂などを密着補修します。また、コンクリート全体に密着して強度を維持するため、コンクリートの劣化を抑止します。
■ 密着性
高い密着性で長期にわたり安定してコンクリートを保護するので、劣化を抑止します。
■ 強度性
コンクリートの強度を維持します。
■ 耐薬品性
酸性雨などによるコンクリートの中性化、二酸化炭素の侵入、基礎の劣化を抑止します。
■ 防水性
水分の浸透を抑え、撥水性を向上させます。

アラミド繊維シートの特性

■ 強度性
アラミド繊維シートは柔軟性が高く、392kN/mと高い耐力を有し、高強度かつ軽量です。
392kN/mの力とは、重さに換算すると約40tです。当社で使用しているアラミド繊維シートは10cm幅で、耐力は約4tとなります。大型乗用車2台を持ち上げられる耐力を有しています。
■ 耐久性
アラミド繊維シートは耐衝撃性に優れ、腐食しない特性を有しています。

アラミド繊維の主な用途

  • ■ 橋脚等コンクリート構造物のアラミドシートによる耐震補強
  • ■ 光ファイバー
  • ■ 防弾チョッキ
  • ■ 消防服

※ 施工範囲、基礎高、気温などにより、施工日数は異なります。

お客様相談室 サービスのご相談はこちら あなたの街のアサンテ

インフォメーション

ページトップへ