ホームプロに学ぶ!シロアリ対策の基本第3話 これがプロの対処法!シロアリ駆除のスゴ技をご紹介

第3話
これがプロの対処法!
シロアリ駆除のスゴ技をご紹介

これがプロの対処法!シロアリ駆除のスゴ技をご紹介

シロアリをしっかりと駆除するのは、プロでないと難しいとされています。それは、シロアリがふだん、土の中や木の中に生息していて、市販の殺虫剤などで部分的に処理をしても、シロアリを全滅させることができないからです。

今回は、シロアリ駆除のプロが実際にどんな駆除方法、シロアリ対策をしているかをご紹介します。プロが、どんなシロアリ対策をしているのか、その実例をご覧いただくことで、徹底した作業が必要であることを多くのかたに知っていただければと思っています。

シロアリ駆除のプロが解説!
シロアリ駆除の基本処理

シロアリ駆除の基本処理には、大きく3つあります。

・木部処理(せんこう注入処理、木栓処理、吹き付け処理)

・土壌処理

・上回り処理

これらを家の構造にあわせて、的確に行なうことで、シロアリを確実に駆除することができます。具体的に、プロがどのようなシロアリ駆除をしているかをご紹介していきます。

■シロアリ駆除の基本処理【木部処理編】

なんといっても一番被害にあうのはシロアリの主食である木材(セルロース)です。そこで、シロアリ専用の薬剤を使用して、木材をシロアリから守るための「木部処理」を行ないます。
木部処理は2段階で行ないます。

【第1段階:せんこう注入、木栓処理】

※「せんこう(穿孔)」とは、穴をあけることなどの意味です。

シロアリの進入経路であり、生息場所にもなる木材は表面だけではなく、内部まで処理をしなければなりません。そのため、ドリルを使って処理をします。

1、束柱と大引き、柱と土台など地面と接している部分や木材の接合部付近にドリルで穴を開けます。

シロアリ駆除の基本処理【木部処理編 第1段階:せんこう注入、木栓処理】01

2、開けた穴にノズルを使用して木部処理剤を注入します。(注入処理)

シロアリ駆除の基本処理【木部処理編 第1段階:せんこう注入、木栓処理】02

3、薬剤の浸透効果を高めるために木栓を穴に打ち込みます(木栓処理)。これにより、処理後の見た目もよくなります。

シロアリ駆除の基本処理【木部処理編 第1段階:せんこう注入、木栓処理】03

この処理を約250箇所(※)実施します。
※30坪の場合。同じ広さでも、構造などにより処理数は変わります。

【第2段階:吹き付け処理】

シロアリの進入経路になりやすい重点箇所をせんこう注入、木栓処理した後に、床下の木材の表面全体に薬剤を吹き付けます。

吹き付け処理にむらがあると、薬剤のかかっていない場所からシロアリの進入を許してしまいますので、木部表面にむらなく吹き付け処理を行ないます。また、木材の接合部や隙間には薬剤を浸透させるように吹き付け処理を行ないます。

シロアリ駆除の基本処理【木部処理編 第2段階:吹き付け処理】01

プロが実践している木部処理のポイント

実際にシロアリが発生している被害箇所やシロアリが好む水回り、玄関の下などは特に入念に処理をしなければなりません。通常のせんこう注入、木栓処理ではなく「千鳥せんこう」と呼ばれる方法で、入念に処理をします。

狭くて暗い床下でも的確に構造を把握し、隠れたシロアリ被害を発見し、念入りに処理します。

また、木材に水で希釈した薬剤をまくと、腐れの原因になるのでは?と心配になりますが、木部処理に使用する専用薬剤には「防腐成分」が含まれていますので安心です。

シロアリ駆除の基本処理【木部処理編】プロが実践している木部処理のポイント

■シロアリ駆除の基本処理【土壌処理編】

シロアリは土の中に生息していますので、家に進入する場合も床下の土壌から進入してきます。土壌からの進入を防ぐために、床下の地面(土壌)に薬剤のバリア層をつくる処理を行ないます。

特に、基礎の内側や束石、配管の立ち上がりなどはシロアリが進入しやすい危険ポイントですので、重点的に薬剤を散布します。

シロアリ駆除の基本処理【土壌処理編】01

プロが実践している土壌処理のポイント

シロアリ駆除の薬剤は、専用薬剤を水で希釈して使用します。公益社団法人 日本しろあり対策協会で認定された安全性の高い、低臭性の薬剤を使用していますが、庭や周囲に池や井戸がある場合は、注意が必要です。
万が一にも、薬剤が池や井戸の水に混入しないよう「粒剤」と呼ばれる粒状の薬剤を使用します。
単に粒剤を撒くのではなく、溝を掘って粒剤と土を混ぜ合わせながら溝に埋め戻します。

ロアリ駆除の基本処理【土壌処理編】プロが実践している土壌処理のポイント

■シロアリ駆除の基本処理【上回り処理編】

浴室、玄関、勝手口などは床下部分が塞がれている場合も多く、床下だけのシロアリ対策では十分な効果が見込めません。こういった場所は床上より処理をします。玄関や勝手口、浴室のタイルに穴をあけ、内部に薬剤を加圧注入します。

処理後は処理の痕が目立たないように穴をセメントで埋めます。

シロアリ駆除の基本処理【土壌処理編】プロが実践している土壌処理のポイント01
シロアリ駆除の基本処理【土壌処理編】プロが実践している土壌処理のポイント02

プロが実践している上回り処理のポイント

シロアリの進入経路になる場所は徹底的に処理しますが、 そこで活躍するのが専用機器です。

小さいながらも高圧で薬剤を注入できるタンクや、薬剤が四方に拡散するノズルを使用して、土中に薬剤を確実に散布します。屋根とシロアリは無関係に思えますが、日頃の屋根の点検が大切です。

シロアリ駆除の基本処理【上回り処理編】プロが実践している上回り処理のポイント

■まとめ

シロアリ駆除のプロがどのような処理をしているかをご紹介しました。

一番大切なのは、家の床下全体をくまなく処理することです。未処理の部分があると、シロアリがそこに移動してしまい、シロアリ被害は止まりません。暗く、狭い床下でこうした徹底したシロアリ対策をご自身でやることはとても難しいことです。

床下全域に薬剤を散布するために使用するのが「動力噴霧器」、「専用ノズル」、「大型タンク」です。スプレーや小型のタンクでは何度も床下と床上を往復することになってしまいます。

床下での処理に必要な機材

まとめ

「頑張ってやった!」と思っていても、処理が不十分だった場合は、徒労に終わってしまうことも。

シロアリ被害にあう前に、被害を最小限度にとどめるために、床下の調査が重要なのも、現状を正確に把握することが肝心だからです。そうした調査も、やはり調査ポイントを熟知した専門家に任せた方が確実といえます。

アサンテでは調査の費用をいただいておりませんので、お気軽にお問い合わせください。

プロに学ぶ!シロアリ対策の基本

お客様相談室 サービスのご相談はこちら あなたの街のアサンテ

インフォメーション

ページトップへ