ホームサービス地震対策アサンテの家屋補強システム災害見舞金制度

災害見舞金制度

災害見舞金制度でバックアップ

アサンテでは、家屋補強システムを施工いただいたお客様に対し、災害見舞金制度を導入しております。家屋補強システム施工完了日から5年以内に、災害(台風、旋風、暴風などの風災及び地震)が原因で家屋が倒壊全損した場合に限り、100万円を限度として施工金額相当額(消費税相当額を除く)をお見舞金としてお支払いいたします。
もしものときにも、安心のシステムです。有事の際には、アサンテお客様相談室へお問い合わせください。

※全損とは、災害により損害を受け、主要構造物(土台・柱・壁・屋根等)の損害額が、その建物の時価の50%以上となった場合。

※地方公共団体の発行した、罹災証明書(全損と明記されたもの)の写しをご提出いただきます。

※次の場合はお支払いできません。

1.火災による家屋の焼失。

2.洪水・高潮・土石流等に起因する家屋の倒壊・流出。

3.土地の沈下・隆起・移動もしくは土砂崩れ等に起因する家屋の倒壊。

お客様相談室 サービスのご相談はこちら あなたの街のアサンテ

インフォメーション

ページトップへ