ホームサービス地震対策アサンテの地震対策

アサンテの地震対策

万が一に備え、アサンテの地震対策をおすすめしています。

国土交通省の調べでは6割の住宅に倒壊の恐れが

平成12年に全国10地区で行われた調査によると、大地震により倒壊の危険性が高い建物が24%、倒壊の恐れがある建物が42%という調査結果が出ています。(国土交通省「住宅の耐震改修推進調査」より)

昭和56年以前の家は強度不足の可能性も

平成7年(1995年)兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)で倒壊した木造住宅の9割は、昭和56年(1981年)6月の耐震基準改正以前に建てられた家でした。1978年に宮城県沖地震が発生したのをうけて、耐震設計の基準が強化されましたが、それ以前に建てられた木造軸組工法の家では、一般的に十分な耐震性が備わっていないといえます。

アサンテの地震対策

万が一に備え、アサンテの地震対策をおすすめしています。

アサンテ家屋補強システム
通常の工法の約1/3という低価格・短期施工で、耐震性・耐久性を高める「我が家の地震対策」が可能です。
基礎補修施工
基礎のひび割れや劣化は家の耐力を低下させます。アサンテの基礎補修施工は、基礎部分の強度を維持するとともに、基礎の劣化を抑止します。
耐震補強
家屋補強システムの他にも基礎の強化や合板による補強など、様々な耐震補強についてのご相談を承っています。
お客様相談室 サービスのご相談はこちら あなたの街のアサンテ

インフォメーション

ページトップへ