ホームサービス地震対策アサンテの家屋補強システム日本の家の弱点

日本の家の弱点

日本の家に多い木造軸組工法の家には弱点があります

木造軸組工法は、高温多湿で自然災害の多い日本の気候風土にあった伝統的な工法です。しかし、建て方や経年変化の影響によって、地震や台風などの揺れに対して十分な耐力を失っている家屋があります。そこで、耐力が不足している木造軸組家屋に対して、強度を上げる方策が必要になってくるのです。

地ほぞによる接合

柱や梁などの接合がほぞだけの場合は、十分な接合力を発揮しません。

釘による筋交いの固定

釘だけでの筋交い固定では、横ゆれの振動で釘が抜けてしまうという危険性をはらんでいます。

年数の経過による劣化

  • ・ 木材は乾燥すると収縮して接合部分のほぞが緩くなります。
  • ・ 釘は結露などで腐食して、くさびの役割を果たせなくなってしまうことも考えられます。
お客様相談室 サービスのご相談はこちら あなたの街のアサンテ

インフォメーション

ページトップへ