ホームサービス地震対策アサンテの家屋補強システムメリットと特徴

メリットと特徴

家屋補強システムのメリット

短期施工

家屋補強システムのメリットは、外観や内装へほとんど影響を与えず、普通に生活しながら3〜4日で施工を完了させられる点です。間取りの変更もなく、ふだんの暮らしはそのままで補強できます。

低価格

NHKの調査によると、筋交いや合板を用いる工法の施工価格は約300万円といわれています。しかし、アサンテ家屋補強システムの施工実績の平均単価は約100万円です。金額は、取り付ける金物の種類や個数ではなく、家の大きさを基準にしています。詳細は、実際に調査させていただいたのちに、調査スタッフよりご案内させていただきます。

家屋補強システムのメリット

シロアリ防除のアサンテだからできる!「非破壊施工」

土台や梁と、柱の接合部分に問題が起きていないか、プロならではの目で厳しくチェックします。ここが家の構造上とても重要な部分なのです。

家の「ふた」の役割をする部分を強く!「中天井の補強」

中天井(2階の床と下屋の天井部分)は、家を箱に例えるなら「ふた」の役割をしています。ふたのない箱がゆがみやすいように、中天井が弱いほど家がゆがみやすくなります。建物を一体化して地震に耐えるには、中天井の性能が大変重要なのです。

木造住宅の弱点、接合部を強く!「柱の倒れ・抜け抑制」

災害による木造軸組家屋の倒壊パターンをみると、柱や梁のほぞ部分が破壊されて柱が倒れたり、土台から柱が抜けたりといったケースに大別されます。この柱と梁、柱と土台といった接合部分を金物で補強し、倒れにくく抜けにくい柱へと補強することで、地震による倒壊を防ぐことができるのです。

柱が倒れる
柱が倒れる
柱が土台から抜ける
柱が土台から抜ける
お客様相談室 サービスのご相談はこちら あなたの街のアサンテ

インフォメーション

ページトップへ