ホームプロに学ぶ!シロアリ対策の基本第2話 「羽アリが大量に発生! これってシロアリ?」見分け方と対策の基本

第2話
「羽アリが大量に発生! これってシロアリ?」
見分け方と対策の基本

「羽アリが大量に発生! これってシロアリ?」見分け方と対策の基本

シロアリ対策の基本である家の点検をしているときに、「羽のついたアリがいた」「これってシロアリなんじゃないか?」――そんな不安を抱える人もいるかと思います。なかには、自分の家に大量発生した羽アリを見つけ、不安で頭がいっぱいになっている人もいるでしょう。

「羽のついたアリが大量にいるんだけど…」
「これはシロアリ?」
「自分にできることはあるのか?」
「今の家は大丈夫?」

そんなときの対策として、皆さんが安心できるよう、シロアリなのかを見分けるためのポイント、特徴をカンタンに解説していきます!

■3つの特徴! 害のある羽アリはコレ! 

大切な家に被害を与えるシロアリとして、日本で防除の対象になっているシロアリは主に2種類います。「イエシロアリ」と「ヤマトシロアリ」です。どちらのシロアリも、羽アリになったときの特徴は大きく3つあります。

【対策が必要な羽アリの3つの特徴】

1、触覚がじゅず状

2、前後の羽の大きさがほとんど同じ

3、体にくびれがない

ヤマトシロアリの羽アリ

■基本対策! 羽アリを見つけたら

上記の3つに当てはまるようなら、その羽アリはシロアリである危険性が高いです。大量に発生しているのなら、家の被害状況が非常に気になります。詳しい調査が必須なので、専門家へ相談してください。アサンテなら、土・日・祝日も対応可能なので安心です。

「イエシロアリ」と「ヤマトシロアリ」の違い

イエシロアリとヤマトシロアリは生息地域や羽アリになる時期が異なります。
羽アリが大量発生していた際には、どちらのシロアリなのか確認してみましょう。

シロアリ分布図:シロアリのお話「第3話 日本中にいるシロアリ」参照

羽アリになる時期
ヤマトシロアリ: 4〜5月(ただし沖縄2月、東北・北海道6月頃)の昼間。
イエシロアリ:6〜7月の夜に群飛して電灯に飛来。

■専門家の対策を待てない!

「大量に発生しているので気持ちがわるい」「とかく駆除したい」というアナタには、一時的な対策として、羽アリを掃除機で吸い取る方法がおすすめです。浴室や玄関なら、お湯を使って流すのもよいでしょう。ただし、羽アリを自分で駆除する前に、数匹の羽アリをティッシュなどに取って保管をしておくようにしてください。そうすれば、専門家が詳しい調査をするときにとても役立ちます。 家にある殺虫剤をスプレーしたくなりますが、羽アリが家の床下に潜ってしまうだけなので、殺虫剤は使用しないでください。

■羽アリを自分で駆除するのは、一時しのぎ

大量に発生した羽アリを自分で駆除するのは、一時的な対策です。シロアリ被害から回復したわけでも、大量に発生した羽アリの原因が取り除かれたわけではありません。

羽アリとなったシロアリが大量に発生する原因や、今の家の被害状況を詳しく確認する必要があるので、必ず、専門家への調査を依頼するようにしてくださいね。

■シロアリではない、羽アリを知る

さて、上記の3つの特徴に当てはまらない羽アリの場合は、シロアリではなくアリの可能性が高いです。以下の特徴が見られるなら、シロアリ被害については、ひとまず安心でしょう。

【ひとまず安心な羽アリの3つの特徴】

1、触覚が「く」の字の形をしている

2、後ろの羽が前の羽よりも小さい

3、体がくびれている

【ひとまず安心な羽アリの3つの特徴】

上記の3つ特徴にあてはまる羽アリは、シロアリではない可能性がとても高いです。

■おさらい

見つけた羽アリの触覚がじゅず状で、前と後ろの羽の大きさがほとんど同じで、体のくびれがないように見えたら、その羽アリはシロアリの危険性が高いといえます。

自分でできる一時的な対策として、掃除機で吸い取る、玄関や浴室ならお湯で洗い流すことは可能。しかし、個人でできる基本的な対策は、あくまで一時的な対策であり、大量に発生した羽アリがシロアリだとわかったら、必ず、専門家へ相談しましょう。羽アリが大量に発生した原因を明らかにし、今後の対策を相談するようにしてください。

おさらい

お客様相談室 サービスのご相談はこちら あなたの街のアサンテ

インフォメーション

ページトップへ