Home > 新卒採用トップ > 社員紹介

社員紹介

法人営業職・社員メッセージ

TS営業部 東京TS営業所長
新野 明広
1997年 新卒入社

さまざま角度から興味を惹く質問を投げかけ
会話を重ねて距離を縮めていく技術が必要。

オフィスビル、飲食店舗、公共施設など、法人を対象に害虫・害獣防除施工、殺菌消毒作業といった総合的な衛生管理を提案する東京TS営業所の責任者を務めています。
主な仕事は、お客様との窓口となる営業スタッフの育成・管理と、技術スタッフに対する施工指導と確認など。営業所は基本的に少数精鋭体制ですので、私自身もプレイングマネージャーとして新規顧客の獲得を目的とした営業活動を行なっています。
営業の仕事に関して言えば、最も大切なのはお客様の本音を引き出すことだと思います。そのために不可欠なのが、コミュニケーションスキル。さまざまな角度から興味を惹く質問を投げかけ、会話を重ねながらお客様との距離を縮めていく技術です。もちろん、お客様に合わせることが必要で、言葉の選び方や立ち居振舞いひとつで信頼関係を損なうこともある。それが営業の難しさであり、最も面白いところではないでしょうか。
客観的に見れば、私は推しの弱さを会話力で補っている営業担当。だからこそお客様は、納得のゆくまで話をしたうえでご契約をしていただいていると思っています。

私のために何度も頭を下げてくれた上司と
チャンスを与えてくれたお客様のおかげで今がある。

入社して5年目くらいまでは、私ほど営業職に向いていない者はいないと思っていました。自分では丁寧に説明をしているつもりでもお客様は明らかに戸惑っておられ、お客様の真意が掴めていないのですから上司の承諾を得られるはずもありません。なんとか受注にこぎつけた案件についても、施工担当者から厳しい指摘を受けて自信喪失。ついには、ある案件で現場の確認と報告を怠り、お客様から激しくお叱りを受ける始末。「担当を変えてくれ」とまで言われてしまいました。その私が今、こうして所長を務めていられるのは、私のために何度も頭を下げてくれた上司と、私にもう一度チャンスを与えてくれたお客様のおかげ。それ以来、信頼関係を築くには時間が必要だが、崩れるのは一瞬であることを肝に命じて、お客様、仲間たちと向き合っています。
そんな私の今後の目標は、当社における害虫・害獣防除施工の分野の発展に貢献すること。次代を担う人材を育成し、衛生管理の新たな付加価値を創出したいと思っています。