第5話 こんなものまで食べるの?

〜シロアリ被害〜

こんなものまで食べるの?コンクリートや本までも・・・

シロアリは主に木材(セルロース)を食害しますが、時にはコンクリートやケーブル、断熱材や金属の中でも比較的柔らかい鉛や薄板にも被害を加えることがあります。これは、食べるというより障害物の先にある木材(セルロース)の臭いを嗅ぎ分けて、大アゴでかじり掘り進めていく、という方が近いでしょう。例えば、基礎部分がコンクリートであっても、湿気が多く、シロアリにとって快適な環境であればシロアリは木の匂いを嗅ぎ付けてコンクリートの粒子を少しずつ外して侵入していきます。

その他、押入れの中に本や書類をしまったり、壁に接して積み重ねておくと、写真のようにシロアリの被害を受ける場合があります。

↑シロアリの被害を受けた本

参考文献:「公益社団法人 日本しろあり対策協会『2011年度版 しろあり及び腐朽防除施工の基礎知識』