第3話 日本中にいるシロアリ

〜シロアリの分布〜

休眠しない昆虫、シロアリ

他の多くの昆虫は冬に休眠しますが、シロアリは休眠することなく一年中活動しています。
ただし、シロアリは熱帯・亜熱帯・温帯に分布する昆虫ですので、温度による影響を受けます。例えば、ヤマトシロアリは6℃前後で活動を始め、12℃〜30℃が好適温度といわれています。また、イエシロアリの好適温度は30℃〜35℃です。しかし、実際には1月の平均気温が-4℃になる北海道でもシロアリは確認されています。これは巣内が暖かく、シロアリが活動できる温度になっているからです。巣内が暖かい理由は、シロアリの体内で発生させた熱というよりは、巣内のバクテリアの熱によるものだといわれています。イエシロアリの例ですと巣温は、気温よりも10℃前後高く、春から夏にかけての活動が活発な時期には、人間の体温とほぼ同じくらいになります。

「日本のシロアリ分布図」

日本産主要シロアリの分布

※ シロアリは、本来熱帯と亜熱帯、温帯に分布する昆虫ですが、最近は暖房設備が整ってきたことが影響し、北上してきているといわれています。

参考文献:「公益社団法人 日本しろあり対策協会『2011年度版 しろあり及び腐朽防除施工の基礎知識』