湿気対策の必要性

家を弱くし、家を害する住まいの湿気

湿気は、ニオイやカビの原因となるだけでなく、腐朽、結露、害虫などの原因にもなります。被害の範囲は想像以上に広いものなのです。床下の湿気を放置すると、木材が腐り、家の土台や柱の強度を低下させてしまいます。また、シロアリの発生を促進する恐れもあるので危険です。つまり、大切な住まいを長持ちさせるためには、湿気対策がとても重要です。

家の大敵 『腐朽』

湿気の被害で最も深刻な状況が木材の腐朽(ふきゅう)です。腐朽は菌が木材の成分を分解し、木材の組織構造を破壊することによって起こります。水分(湿度)、温度(適温)、酸素、栄養(木材)が豊富にあればあるほど、腐朽菌の生育は活発になります。つまり、湿気が多いと、様々な虫たちが家に住み着きやすくなるのです。また、カビや木材腐朽菌が好む環境は、シロアリにとっても大変過ごしやすいため、シロアリの発生を促進する恐れもあります。

昔の家と今の家

高温多湿の気候風土にあわせて、日本では高床式で風通しのよい建築を行なうことが昔からの伝統となっていました。しかし、関東大震災以降、地震に強い木造家屋をつくるために床下を低くし、基礎をコンクリートで固めるようになっていきます。このため、現代の住宅は床下に湿気がこもりやすく、湿気の害を受けやすい住宅となったのです。

木は切られた後もどんどん強くなる!

「森の木は切られ、木材になってからも呼吸をしながら生きている」ということをご存知ですか?しかも、乾燥した状況で木材を管理できる環境であれば、時間を経るごとに木材はどんどん強くなります。森の中で生きた木は、材木として家を支えながら二度目の人生を送るようなものです。

日本の家の寿命は31年。もったいないですね

ドイツ、フランス、アメリカなどの家の寿命は80〜100年、イギリスでは140年と長いです(国連資料より)。欧米では、古い家ほど重宝されるといった傾向があります。住まいをメンテナンスすることが欧米では常識となっているのです。それに比べ、日本では築31年(2006年 国土交通政策研究所)で約60%の家が建替えられてしまいます(総務省資料より)。家も木材の寿命と同様に、愛情を注いだメンテナンスによって長持ちするのです。

腐朽菌やカビの温床となりやすい床下の湿気を放置すると、家屋の強度を低下させる原因になります。床下のジメジメを解消する湿気対策は、大切な住まいを長持ちさせるために欠かせません。調査の費用は無料です。お気軽にお問い合わせください。